June 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

初めてのふるすくらっち その3。



マミコン制作3回目、前回までで基礎部分がなんとか形になったので、今回からその土台にマミコンらしさを付け加えていきます。


まずはパンツ履かせてみました。
かなりボリュームのあるパンツなのでもっと盛る必要があるかと。
ただ、せっかく念入りに作ったお尻はそのまま残そうかと…。衣装の構造上間違ってる気もしたのですが、せっかくなので…。

パンツの成型の途中ですが、ここで上半身と下半身を別パーツに分断。



前垂れ(?)のしたに上着を着ているのですがその上着の切れ目に合わせて切断しています。
前面はその前垂れに隠れてしまいますし、デザインとしてもそこまで詳しくあがっていない状態ですが、最終的なフィギュアの出来上がりとして前垂れと身体の間にちょこっと隙間ができることになると思うので、デザインはなんとなく想像してそんな感じに仕立ててみました。

ちなみに、別に量産してイベントなんかで売り出したりとかそういうことは全く考えていないのですが、投稿作品として石膏粘土の原型を送ると簡単に破損してしまいそうですし、フルスクラッチの勉強として型制作・複製作業というのも興味がありますので、投稿の際はレジンで複製することを想定しています。胴体切断に関しては複製云々関係なく細部を作り込んでいく上でやっておかなければならないことなのかもしれませんが、この先の作業でもパーツによっては複製を想定して別パーツ化していきます。

さて、作業に戻りまして…



更にパンツに粘土を盛ってちょっとしたシワなんかも付けてみました。
なんとなく「服を着ている風」になってきたでしょうか。
パンツには結構粘土を盛って内股の部分は左右結合させて隙間を埋めてしまいました。



角・左手を付けて、頭部を胴体から切り離して別パーツ化。

マミコンは袖の長い服を着ていて基本手が見えません、…が、ちょっとしたアクセントとして右手だけ袖口辺りに手が見えるようにしようかと。
「フィギュアのあの細かい指とかどうやって作るんだろう?」とか以前から興味はあったので練習も兼ねて作ってみることに。



本には結構簡単に作ってるように書いてありますが、……………難しいっすι



パテを短冊上に整形してスパチュラで指をカットしていくのですがなかなかうまくいきませんでした…。
あとこれまで改造なんかでいじっていたプラ用のエポキシパテとは違って木部パテは全く粘着力が無くてなんとも扱いにくいなぁ、と。…と言うか臭いが、臭いが……………。
硬化が早いというのは大変助かりますが、個人的な感想としてはプラ用のパテ使ってた方が使い勝手がいいかも…。

とはいえせっかく作ったことですし、まぁ、それなりにできたような気もするので右手はこれでいくことに。



胴体側に付けてみました。
手の細かな造形に関しては液状のパテを流し込んで整形するように本には書かれていましたが、取りあえず石膏粘土でもいけそうだったので、石膏粘土を緩く溶いてやってそれを塗り付けて整形しました。
あと首周りに襟を付けて、右手の手首から先を別パーツ化しています。

おゆまるの簡易なものではなくてちゃんと型をとるというのは初めてのことですし、そもそもスクラッチ自体も初めてのことで、どうやったらちゃんと複製できるのかと想像だけでパーツ分けしてたりするので結構大変で以外と時間くってしまってたりします。この辺りから徐々に制作スピード落ちてったかも…。

次回から本格的に服着せていきます。


comments

おおお、裸じゃなくなってきてますー、すごい。
洋服のシワって、バランスが難しそうですね。

>ちょっとしたアクセントとして
>右手だけ袖口辺りに手が見えるようにしようかと
ココの部分を想像して、
なんて可愛いんだーと萌え萌えしてしまいました。
この段階でとても可愛いマミコン、恐るべしです。

  • ありんこ
  • 2009/10/17 12:06 AM

ほんとにマミコン恐るべし、ですねぇ。
あきてるさんをはじめとするマミコンキャラを作り上げた皆さんがスゲー、ということかと。

まだ髪の毛が無くてどこの異星人なんだろうかという容姿ですが、次回以降で徐々にそれっぽくなっていく…………はずです。

  • まきお
  • 2009/10/17 7:41 PM
   

trackback

pagetop