December 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

素体改造計画 その9+番外編その2



メガネ!メガネ!……あれ?
…ひとまずメガネは置いといて、素体改造もとい素体リペ…、あ、素体頭部改造ですか。ややこしいなぁ…。

えー、相変わらず迷走してます。
バイザーは前回の状態でひとまず放置中でして、今回はインカムの耳当て(?)部分を作っておりました。当初オリジナルの複製で済まそうと思っていたのですが、微妙に小さめなのが気になったのと模型店で見つけたウェーブのセンサーセットが意外と使えそうだったのもあって、そのセンサーセットを元に自作してみようかと。



中心部を削り取って全体的な厚みも若干削って薄くしています。

…真正面から見るとハイキングウォーキングの片割れみたいになっちゃってますかね?
もう少し頭部に密着してるようにできたらいいのですが。
結構薄くしたつもりでしたがまだ厚みがあるような。あまり薄くしすぎると頭部との接続に支障が出てきそうな気もしてちょいと悩みどころです。
あと全体的にちょっとオーバーサイズっぽいかも知れませんね。オリジナルの2回りほど大きいのですが、小さいものだけにわずかなサイズの違いが大きく出てきますね。
ただ、シルエット的にはこちらの方がイメージに近い気がするのでもう少し工夫してみようかと。
内側部分はパテで作って、バトロンの兎子のようにモールド入れようかと。

…というか、兎子、当初から薄々気付いてはいたのですが、頭が大きくなってきましたよι
やり直せないことも無いのでしょうが、もうめんどくさいのでこのままいきます。

さて、前回番外編として電脳コイルのおばちゃんのことを書きまして、その時には素体のリペイントとか一通り済ませてから取りかかろうかとか言ってたのですが…。

なんとなく中古ショップを眺めていたらちょうど神姫に合いそうなメガネ発見しまして、試しに兎子にかけてみたらバッチリ、ジャストフィット。



…こいつをおばちゃんのメガネとして使おうかと。



メガネ候補としてはフィギュメイトのメカ娘辺りがいいかとも思ったのですが、元のメカ娘は中古で¥400〜¥500位なのにフィギュメイトのメカ娘はなんと¥780。…高っ。他のメガネフィギュアではサイズが合わなかったりメガネが独立していなかったりとかだったのですが、ふと目を外した先にあった何年前のものなんだかな東京大学物語のプライズかなにかの鈴木英里フィギュアがちょうど神姫サイズ、しかも¥200。即購入しましたよ。
ちょっとネットで見てみましたが、結構それなりの値段で取引されてるみたいですね。未開封品だったしメガネだけじゃなくローファーなんかも使えそうなのでかなりいい買い物だったかも。

そして兎子がなかなか進展しないので気分転換におばちゃんヘッドを作ろうかと。



取りあえず大まかに形を作ってるところです。
もっと前髪のラインを上げないといけないかなぁ…。髪を1ミリほど上にずらしてやると結構おばちゃんっぽく見えます。前髪を短くするよりも底上げしてやった方が早いかも。



comments

   

trackback

pagetop